離婚体験談から訴訟中の案件まで離婚にまつわる情報を提供
  • ストーカー事案
  • 弁護士紹介
  • 離婚費用

円満離婚するための秘訣はシミュレーションと専門家への相談

円満に離婚するには落ち着くことが大切です

ハロウィンナイト性格の不一致や家庭内暴力・借金など、どのような理由であれ離婚を考えたときに、後先考えずに「離婚」という言葉を使うのはあまりよくないことです。
離婚は書類上の手続きだけで済むことではなく、生活もずいぶん変わりますので、よくよく考えて準備をすることが必要になります。

円満な協議離婚を目指しましょう

円満離婚とは、ことを荒立てずに穏やかに離婚することを指すようです。
お互いに罵り合って、泥沼の離婚劇をしないための準備が必要ということですね。
私は女性ですので、女性の視点で書かせていただきます。
男性の場合は、女性が離婚に向けて準備をしていく段階の経験談として読んでいただけると幸いです。

離婚後の生活をシミュレーションしてみましょう

まずは、離婚後の生活について考えます。
今まで専業主婦でいた方は、特に就労を確保する必要があります。
子供をかかえて離婚するとなれば、その後の生活費を稼ぐための就職は必須です。
とりあえず実家に戻るというような生活場所が約束されている場合でも、離婚後にどのような職について稼ぎを得るのかシミュレーションしてみましょう。

離婚後の生活費の目処をつけましょう

離婚してから働き出すというのは、とても大変なことです。
離婚前から、最初はパートであっても、収入を自分で得ることを開始することをお勧めします。
それが、引越し費用や貯金となり、後の生活を助けてくれるからです。
お金が必要になることは目に見えて確実ですので、一番大事なポイントになります。

離婚もまた互いの話し合いが大切です

鳥かごお化け金銭的な準備以外は、双方の意見が合致するよう話し合いが必要になります。
離婚したいと感じているのが片方だった場合には、相手に理解してもらえるように気持ちを伝えます。
喧嘩の延長で伝えることは避けたほうが良いです。
お互いに落ち着いて話しあえる時を選びます。
不倫など証拠品がある場合は、写真だったり日記として残しておくことが必要です。
携帯電話のメールは削除されることも多いので、それは写真に残すことが良いとされます。
相手を苦しめるための離婚を目指しているわけではないので、お互いが合意の上で新生活を迎えることがより良いです。

専門家にも協力を仰ぎましょう

縁があり夫婦になった二人が、離婚するときにはとてつもない労力を必要とします。
結婚より離婚の方が大変だと感じるほどです。
経験者や弁護士など力になってくれるひとが、どこかにきっといます。
ひとりで悩まず離婚専門弁護士に御相談なさったり、第三者と共に準備されることをお勧めします。
このサイトでは、様々な離婚トラブルのエピソードをお伝えすることで、円満離婚に向けて考えるためのヒントをご提供したします。

お世話になったHP:離婚弁護士相談広場 | 離婚協議、離婚調停なら無料相談

新着ニュース