離婚手続きにおける流れと仕組みについての説明

夫婦で進める離婚手続きが協議離婚

ハロウィンのカボチャ夫婦間に何らかの重大な問題が生じた場合において、2人の間で離婚手続きを進めていくことが法律上の決まりとなっています。
そこでこの手続きによる流れと仕組みについて調べていくと、多くのケースでは夫婦間での話し合いで決まることが多いです。
これを協議離婚と呼ばれており、お互い話し合った結果比較的スムーズに離婚が成立することが特徴となっています。

裁判を伴う離婚が調停離婚

ですが夫婦間のどちらかがこれを拒否した場合においては、裁判で手続きを進めていく流れとなります。
これを調停離婚と呼ばれる制度であり、法律の力を借りて強制的に離婚を進めていきます。
特徴として裁判所で裁判を起こすことになるため、基本的に弁護士の力を借りることが不可欠となっています。
調停離婚の場合には裁判所に色々と書類などを提出しないといけないので、そういった意味で弁護士の力が必要となります。
これには法律知識が色々と必要なので、法律職に就いていない方には大変な作業となっています。
また実際の裁判でも被害者に対して強い味方になってくれるので、有利に手続きを進めていくために重宝する存在でもあります。

問題になるのは不貞行為がある場合

 一般的な離婚手続きに必要な要素として、代表的な事例として夫婦のどちらかが不貞行為を行った場合です。
ですが実際にはこれ以外の理由によっても離婚出来る要因があり、それは悪意の遺棄と呼ばれるものに該当するケースです。
これは配偶者との同居を拒否した場合や、家事に一切協力してくれないなどといった理由が当てはまります。
また妻が病気などになった場合において、治療費を支払いを拒否した時にも該当することがあります。
こういった場合においては夫婦生活が困難になると考えられ、離婚手続きを進めることが出来る要因として認められることが多いです。